Lily / りりィ

Lily / りりィ
Biography

りりィ(Lily、1952年2月17日 – 2016年11月11日)は、日本のシンガーソングライター・女優。本名、鎌田 小恵子(かまた さえこ)。福岡県出身。アルファーエージェンシー所属。音楽業のほか女優としても活躍し、ドラマ・映画・CMに多数出演した。

日本の女性シンガーソングライターとして最初期にデビュー、活動し始めた先駆者である。

遺作(映画)は『彼らが本気で編むときは』、最後の公開作品は『追憶』。いずれも2017年公開。

長男は、ロックバンド・FUZZY CONTROLのJUON。DREAMS COME TRUEの吉田美和は義娘にあたる。

Lily / りりィの経歴

福岡県福岡市天神生まれ。唐人町などで育ち、小学校3年から東京で育つ。母は中洲でバー「翡翠」を経営、父は米空軍の将校で、りりィはハーフ。父はりりィが生まれる前に朝鮮戦争で戦死したと伝えられた。10歳で家族と一緒に上京。東映の児童劇団に1年半所属。東映在籍中の1966年、緑魔子主演の『非行少女ヨーコ』にちょい役で出演(ラーメン屋につとめるヨーコがどんぶりを落として割るところを蔑んで見る娘役)。高校には行かず、彼女が17歳のとき母が亡くなり、生活のためにスナックで弾き語りをする。「りりィ」という芸名はブラブラしているときに仲間が付けたあだ名が元。「ィ」がカタカナなのは、なんとなく自分で変えたという。

1971年、下田逸郎のアルバム『遺言歌』に参加。イギリスのフォークシンガー、ドノヴァンの楽曲「ラレーニア」(Lalena)から採ったレーニアという名前で「ひとりひとり」という楽曲のリードボーカルをつとめる。

所属事務所はモス・ファミリ(小澤音楽事務所系)。本格的に曲作りを始めたのは山上路夫からの勧めが切っ掛け。本来は3オクターブの音域を持つ美声だったが、風邪をひいた日に二升近く日本酒を飲み、朝まで歌い続けたら翌日声が潰れたという。

1972年2月5日、20歳のとき、東芝音楽工業よりアルバム『たまねぎ』で歌手デビュー。独特のハスキーヴォイスで注目され、1974年のシングル「私は泣いています」が97万枚を越える大ヒットを記録する。この曲は遊びで作った英語詞によるブルース「アイム・クライング・オン・ザ・ベッド」に自ら日本語の歌詞をつけたもので、当初は知り合いだった研ナオコに歌ってもらうつもりで事務所に持参したところ、「自分で歌ってくれないと困る」と言われ、しかたなく歌ったという。

24歳のときに結婚するが1年で別居し、7年後の1981年に離婚した。

東芝EMI時代にはバックバンドとして「バイ・バイ・セッション・バンド」を従えていた。坂本龍一は著書で「その当時、在京のミュージシャンに最も人気の高いセッションバンドはサディスティック・ミカ・バンドとバイ・バイ・セッション・バンドであり、多くのミュージシャンが入れ替わり立ち替わり参加していた」と回想している。主なメンバーには木田高介、土屋昌巳、伊藤銀次、坂本龍一、吉田建、斉藤ノブ、井上鑑、国吉良一など。バイ・バイ・セッション・バンドは長らく活動し、全国のライブハウスなどを周っていた。

1982年、ビクター音楽産業に移籍。その後、2度目の結婚をし、活動休止。1985年、一人息子のJUONをもうけた。子育て中は埼玉県狭山市に移り住んでメディア露出も控え、数年間主婦業に専念していたが、JUONが中学生になり子育てが一段落した1997年、TBS系テレビドラマ「青い鳥」に出演し、芸能活動を再開した。

1993年3月、“ 音蔵シリーズ ” と称する過去アルバム作品群のCD化プロジェクトにより、『たまねぎ』『Dulcimer』『タエコ』『ラブ・レター』が各々CD化・発売される。

1999年からは斉藤洋士と「Lily-Yoji」(りりィアンドヨージ)というユニットを結成し、全国各地で活動した。

2012年、2013年には過去のアルバム作品が相次いで再発売された。まず2012年1月にEMI ROCKS The Firstシリーズの1枚として、ファーストアルバム『たまねぎ』がデジタルリマスタリングされた音源に紙ジャケット仕様で復刻。2012年11月には『Dulcimer』『タエコ』『りりィ・ライヴ』『ラブ・レター』『りりシズム』の5枚が、翌年2013年には初CD化となる『オーロイラ』『マジェンタ』の2枚が、デジタルリマスタリング音源でタワーレコード限定で再発売された。

晩年は肺がんと闘病し、2016年11月11日死去、64歳歿。

Lily / りりィのアルバム

たまねぎ(ONION)』(1972年2月5日)※初回プレスはジャケットデザインが違う。
Dulcimer(ダルシマ)』(1973年7月5日)
タエコ』(1974年6月5日)
りりィ・ライヴ』(1974年12月1日) – ここまで木田高介プロデュース
ラブ・レター』(1975年5月20日)
『オーロイラ』(1976年5月20日)
『りりシズム』(1977年6月5日)
『気にしないで』(1978年6月5日)※未CD化。
『マジェンタ』(1979年6月5日)
『南十字星』(1980年11月5日)※未CD化。
『モダン・ロマンス』(1982年5月5日)※ビクター移籍第一弾。未CD化。
『Say』(1983年3月5日)※未CD化。
fairy tale』(1988年12月16日)
『愛』(1995年6月21日)※りりィ in PAB名義
『フロム〜ツインボーカル〜』(2008年4月23日)※Lily-Yoji名義

Lily / りりィのベスト・アルバム

『P.S. I LOVE YOU 1972〜1981』(1981年12月5日/東芝EMI)※初ベスト、未CD化。
『P.S. I WANT YOU -scene 1974〜1986-』(1986年12月16日/ビクター)※東芝EMI時代の楽曲も収録。
『TWIN BEST りりィ』(1996年11月27日/東芝EMI)
『BEST COLLECTION』(1998年/東芝EMI)※The CD Club通信販売限定
ゴールデン☆ベスト りりィ』(2004年11月17日/東芝EMI)